臨床薬理集中講座

  • メイン画像

臨床薬理学集中講座(一般社団法人 日本臨床薬理学会 後援)

第5回 臨床薬理学集中講座
参加申し込みは終了いたしました。

(募集期間:2021年4月1日(木)9:00 ~ 4月23日(金)17:00)

開講の趣旨

医療の中で薬物療法とそれを支える臨床薬理学の重要性が益々高まっており、臨床薬理学の将来を担う人材の育成が 求められています。臨床薬理学集中講座(以下、本講座)は、若手の医師及び薬剤師等が臨床薬理学を体系的・集中的に研鑽する場として、薬物療法の基本を実践し、臨床試験を通じたエビデンスの創造・発信のできる医療従事者・研究者の育成を目指して開講します。

募集案内ポスター PDFで見る

応募資格 臨床薬理学に興味を持ち、体系的・集中的に学ぶことを希望し、且つ全日程受講できる以下の条件を満たす者(企業所属の方を除く)

1)医師等の医学部・歯学部の出身者 (45歳以下)

2)薬剤師等の上記学部以外の出身者 (40歳以下)

但し、応募には所属長の推薦が必要です。(推薦人数は、1推薦者につき 1名とします。)
開催日時 2021年9月26日(日) 8:00~18:00
事前の講義ビデオの視聴があります
開催方法 WEB開催
在宅等、ご自身で感染防止が可能な場所からの受講をお願いします
定員 35名程度
受講料 無料(WEB接続による通信費を除く)
会議室などを借りて受講した場合などの会議室代等は受講者負担です

第5回実施講座及び講師一覧 (講義ビデオ 敬称略)

講座名 講師名 所属
臨床薬理学とは 渡邉 裕司 浜松医科大学 理事・副学長
臨床試験デザイン 折笠 秀樹 富山大学医学部名誉教授
研究倫理 田代 志門 東北大学大学院 文学研究科 社会学専攻分野 准教授
生物統計学 野間 久史 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
統計数理研究所 データ科学研究系 准教授
薬理遺伝学 家入 一郎 九州大学大学院 薬学研究院 薬物治療学分野 教授
九州大学病院 薬剤部長
医薬品有害反応 鶴岡 秀一 医療法人 愛正会 田尻ヶ丘病院
薬物相互作用 楠原 洋之 東京大学大学院薬学研究科 分子薬物動態学 教授
バイオマーカー 藤村 昭夫 自治医科大学 名誉教授
山陽小野田市立山口東京理科大学 客員教授
臨床薬物動態学と薬物投与設計 越前 宏俊 明治薬科大学 学長
医薬品開発・レギュラトリーサイエンス 佐藤 淳子 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 国際部長

第5回実施講座及び講師一覧 (開催当日 敬称略)

講座名 講師名 所属
臨床試験企画立案演習 中野 重行 大分大学 名誉教授
小林 真一 昭和大学 臨床薬理研究所長 教授
松本 直樹 聖マリアンナ医科大学 薬理学 教授
志賀 剛 東京慈恵会医科大学 臨床薬理学講座 教授

「臨床試験企画立案演習」では、上記講師のほかにコメンテーター・ファシリテーターの先生方が参画されます。

臨床薬理学集中講座がビデオの中で紹介されていますのでご覧ください。

※音声が再生されますのでご注意ください。

ご相談・お問い合わせ